設立理由

Mission

リスクファイナンス総合研究所の設立理由

被害が甚大化するパンデミック、地震や津波など従来の損害保険やリスクファイナンスの仕組みでは、リスクの引受、移転先が限られるため、従来の損害保険のメカニズムでは対応が困難になっている。

昨今、クライシス(頻度:小、損害:大)の頻度が増加しており、新たなクライシスファイナンスの仕組み構築が急務である。

また、企業支援策にも国の財源には限りがあり、クライシスファイナンスでは、“お互いを思う”相互扶助の理念を基に構築されるべきである。

リスクファイナンス総合研究所は、相互扶助の考えを基に、『自助、公助、共助』を反映させ、誰も置き去りにしない、新たなリスクファイナンスのスキーム等を総合的に研究し、社会の変革に貢献します。

目的

リスクファイナンスに関する事業を行い、企業のリスク耐性強化及び長期的発展に寄与することを目的とする。